モットンは市販されていない!?

モットンは腰痛対策マットレスですが、実際に市販されていれば店舗に足を運んで触って見たいですよね。

実際に横人あって寝てみれば硬さもわかりやすいですよね。

今回市販でモットンが売られているのか調べて見ました。


モットンは市販されているのか!?


モットンが市販で売られているのか調べてみました。

モットンが売れていそうな

  • イオン
  • ニトリ
  • ニッセン
  • ドンキホーテ

といったところに行って見ましたが売られていませんでした。

モットンはどこで手にはいるの調べて見たところネット通販限定でした。

そこで次はネット通販ではどこで手に入るのか調べて見ました。

その結果

  1. 楽天市場
  2. Amazon
  3. ヤフーショッピング
  4. 公式サイト

の4サイトで購入できることがわかりました。

そしてこの中でどこが一番安く購入できるのか調べて見たところ、公式サイトが一番安く買えることがわかりました。


市販で売られていない場合は?


 

モットンは90日間返金お試し保証が付いているので簡単にモットンをためすことができます。

市販されているマットレスと比べて実際に寝具を自分の家でしかも90日間も試すことができるので、起きたのコンディションまで確かめることができます。

しかも効果を感じられなかったら返品し返金してもらうことができるのです。

普通市販で売られているマットレスを購入した後に効果を感じられないからと行って返品を受け付けてくれるお店はありませんよね。

それを考えるとかなり良心的なサービスであることがわかります。

しかもその他にもモットンの硬さが合わなかったら1度だけ交換してくれるサービスがあります。

このサービスも普通市販の取扱店などで購入し硬さを交換したいと申し出ても交換はしてくれませんよね。

ここまで良心的なのもすべては市販で試せないところにあり、それでいてモットンの価格も安いので何か秘密がありそうです。

 


モットンが安い理由は?


 

モットンが他のマットレスと比べて安いのには理由がありそうです。

それでいて返金保証や交換サービスがあるだなんて何か話がうますぎですよね。

そこでモットンがなぜここまで安いのか調べてみることにしました。

モットンが安い理由は広告宣伝をそこまで大々的に行わないことにありました。

広告宣伝を大きく行わないことで宣伝費がかかりません。

宣伝費がかからないのでモットンの商品価格を抑えることができるのです。

そしてモットンの良さは宣伝を行わなくても口コミで十分広まるので、本当に良いものは現代で宣伝広告を行わなくても十分広まる時代なのかもしれませんね。

モットンの効果とは!?

モットンは腰痛対策マットレスとして有名です。

口コミでも高評価をたくさん得ており、おすすめランキンサイトでも常に上位にいるほどです。

そこで今回モットンの効果がどのようなものなのか調べて見ましたので簡単にまとめてご紹介致します。


モットンの効果まとめ


 

1_硬さを選べる

モットンは人によって違う体重なので、人それぞれの体重に合わせてベストな硬さで使用できるように硬さが3種類用意されています。

 

2_耐久性抜群

モットンは国が定めるJISの耐久性基準に合格しております。

耐久回数は押して離すを8万回行いその変化量は4%とのことです。

この8万回は人間がマットレスを使い時間に置き換えると11年のようです。

 

3_反発力大

モットンは反発力が大きいので、簡単に寝返りすることができるようです。

例えると簡単に高く飛べるトランポリン。

寝返りが簡単にでき寝返りの回数が多いと腰への負担も軽減されます。

 

 

4_床に敷いて使える

モットンはベッドがなくても床に敷いて使うことができます。

ベッドに敷く際は柔らかいベッドにしかないようにする必要があります。

 

5_新感覚のマットレス

普通のマットレスとは違い高反発マットレスのモットンは新感覚のマットレスです。

素材もNASAで開発されたウレタンフォームなのでいつものマットレスとは違うことがわかるでしょう。

 

6_ホコリやダニを防ぐ

素材のウレタンフォームは綿や羽毛とは違い誇りを出さない素材です。

そのほかにも通気性がよく、皮脂や垢がたまりにくいウレタンフォームにダニが住み着きにくい素材になっております。

 

 

7_通気性良好

モットンのウレタンフォームは特殊構造により、上から下に通気が流れます。

これにより普通のマットレスとは違い通気性が確保されるので、カビにくくダニの発生を防ぐこともできます。

 


まとめ


 

モットンの素材はNASAで開発された高反発ウレタンフォームで、メーカー独自開発により湿気がたまりにくく、上から下に通気が流れるようにできています。

通気性が良いことでカビやダニの発生を防ぐことができ衛生的に使うことができます。

耐久性にもすぐれていて反発力も大きいので簡単に寝返りすることができます。

寝返りの回数が多くなれば腰にかかる負担を軽減できるので腰痛対策マットレスということです。

公式サイトではお試し返金保証を行なっているので、モットンの効果を感じれなかったとしたら返金できるので始めやすいです。

その他にも硬さが合わなかったら交換できるサービスも付いてくるのでかなり手厚いサービスが整っていることがわかります。

モットンに悪評がある!?

モットンは腰痛対策マットレスとして有名です。

マットレスの中でも高反発マットレスとして体の体重を分散させることができ、腰にしかかる負担を軽減できるとのことです。

たくさんのおすすめランキングサイトでも常に上にい位置しており、さまざまな特典があることで始めやすいマットレスのようです。

そのモットンは口コミで高評価を得ていることでも有名で、効果のほどは高評価の数でわかるほどです。

しかし中には悪評も出ているようですが、それらの内容がどういったものなのか、これから購入を検討する上では重要な情報になります。

そこで今回悪評をまとめてみましたのでご紹介致します。


悪評まとめ


■ニオイが臭い・・・。

30代男性

モットンを購入しましたが家に届いて開封するとニオイが臭くてびっくりしました。

これでは人を寝かせるどころか自分も寝ることができないと思いました。

最終的にニオイが3週間ほどで消えましたがなんだか不快でした。

 

■洗濯できない・・・。

40代女性

使い始めて3ヶ月目にしてモットンに飲み物をこぼしてしまったので洗濯しようと思ったらまさかの洗濯不可でした。

これじゃぁ使い捨てですよね。

とてもショックでした。

 

■怪しい・・・・。

30代男性

モットンの公式サイトでモットンの問い合わせ電話番号がなくかなり怪しいです。

それに、モットンじゃない画像のマットレスも検索で見つかるし、モットンは本当に正しい商品を売っているのでしょうか。

 

モットン悪評まとめはこちら

モットン口コミ

 


 

このように確かに悪評が1割程度だけですが確かに存在しているようです。

しかし、高評価がたくさんあるのになぜこのような悪評が出ているのか気になりますよね。

今回悪評について調べて見ましたのでご紹介致します。

 


 

1_ニオイが臭い問題

ニオイの原因はモットンの素材であるウレタンフォームが科学反応するときのニオイです。

アンモニア臭というかツンとする匂いで、現在は会社でも炭の効果による消臭効果で開封時に強烈な匂いを放つことはないようです。

仮にニオイが出ていたとしても2週間ほどで取れるようです。

 

2_洗濯できない問題

モットンが洗濯できない理由は素材であるウレタンフォームは水に弱く、濡れてしまうと硬さが変わってしまい、効果に差が出てしまいます。

なのでモットンが洗濯できないというわけです。

しかし、モットンを洗濯しないと衛生的に良くありませんよね。

大丈夫です。

モットンについているカバーは取り外して洗濯できるのでこまめに洗えば衛生的に保たれます。

 

3_怪しい問題

モットンの公式サイトに問い合わせ先がないのは以前までの話しで現在は問い合わせ先がきちんと用意されているようです。

モットンの画像も違う問題は、モットンマットレスが何度か改良を重ねて形が変わっているようです。

現在のモットンと違う画像が出てくるのはそういったことが理由のようです。